よんメモブログ

twitter→yonroku_5101/ちょっと便利な事をメモしていきます

MacからWindowsに乗り換えた備忘録

長年Macユーザーだった私ですが、テレワーク期間中に時間ができてネットゲームをいろいろやってみたくて、この度Windows(ゲーミングPC)に乗り換えました。

 

何年かして買い替える際の備忘録として書いていきます。

これからPCどうしよう~ってしてる人の参考になればと思います。

 

 

 

暦年のMacユーザーがWindowsへ順応できるのか

デザイン作業するためにかれこれ10年くらいMac使ってました。

今も仕事ではMac使ってるし、スマホiPhoneAppleにベッタリな人生ですが、むかーしは「パソコンといえばWindows」で実家も学校もWindowsを使ってたので、特に苦労せずに乗り換えれました。

キーボード入力が少し違うのと、設定などがMacに比べてややこしい(Macが簡易すぎるのかも)くらいですかね。

 

Macのよいところ・ちょっと困ったところ

一応、Macのよいところをザっと出しておきます。※主にiMac

 

Macのよいところ

  • ある機械操作ができる人なら能動的に使用できる
  • iPhoneなど他のApple製品との連携が楽
  • デスクトップPCも専用キーボードとマウスがついてくるのですぐ使える
  • ウイルスに強い(らしい)のでウイルス対策ソフトも買わなくても問題ない(あるに越したことはない)
  • ケーブルがほぼ基本電源ケーブルEthernetケーブルのみなので配線がスッキリ

 

特に周辺機器を買う必要がないのと、ケーブルのスッキリさはPC買い替えてから天を仰いだほど。

ある程度の周辺機器はもともと持ってたので(なんで?)準備する必要がなかったのですが、マウスがBluetoothだったのとケーブルがいくつか足りなくて電気屋に走りました。

ケーブルの煩雑さはあきらめた。

 

ちょっと困ったところ

  • 価格が高い
  • 接続がほぼ無線やBluetooth(有線の場合は別途変換ケーブルやハブが必要)
  • 対応しているフリーソフトやゲームが少ない
  • Mac版officeが使いにくい
  • 謎にUSB-C推し(ハブが必要)

 

Macのデメリットとしては価格面が大きいです。

一番安いものでもだいたい8万円から。

Windowsで同じくらいのスペックと比べると倍くらい差があります。

デザインや動画編集など、マシンに負荷がかかるような作業をするなら価格相応ですが、ネットサーフィンや資料作成するくらいだとちょっと高いなーと思います。

Mac用officeも互換性が怪しいうえに重いので嫌いです。

 

さらに新しいモデルはどんどん無線化が進んでいるため、変換ケーブルやハブを購入する必要があります。

MacBookAirにEthernetケーブルの接続口がなかったのには泣いた。

 

今回買ったゲーミングPC

ascii.jp

写真はこちらから引用しました。

 

ドスパラのGALLERIA XTを買いました。

セールしてたりするけど消費税含めてだいたい14万くらい。

www.dospara.co.jp

 

ゲーミングPCは結構いろんなメーカーで出しているので、いろいろ比較してみましたが、なんやかんや大手のドスパラに落ち着きました。

 

Apexなど高解像度が求められるゲームを快適にやりたい、けど価格は収めたかった。

あと単純にBTOのPCの知識がそんなになかったので「CPU:Core i7」「グラフィック:GeForce GTX 1660くらい」「メモリ:16GB」をだいたいの最低条件にして探してました。

結果的に条件より少しスペックがよいものにして快適にプレイできてます。

 

初めてのゲーミングPCでびっくりしたこと

本体がでかい

ぶっちゃけタワーPCというものを見たことがなかったので、ミニータワーくらいの大きさを想像していました。想像の150倍くらいでかい。

もともとiMacを置いてた机をキレイにしたのでひとまず設置はできましたが、デスク上が結構狭くなっちゃいました。

 

デフォルトで光学ドライブがついてない

光学ドライブはCDを読み込むとこでした。

カスタマイズにあったので察してたけどついてなかった。

CD読み込むことも少ないし、Macの時に買った外付けのものがあるのでオッケー。

※デフォルトでついてるモデルもあります

 

Wi-FiBluetoothに対応していない

Wi-FiEthernetケーブルで接続、キーボードはBluetooth・有線両対応だったのでよかったんですが、マウスをイキってBluetoothのものしか持ってなかったので、初期設定を強行突破する暴挙をしました。

買いに走ったよねー。

※デフォルトで対応してるモデルもあります

 

スペック見るときのメモ

CPUやストレージに種類があってちょっと調べたのを既に忘れたのでメモしていきます。

 

CPU

中央処理装置。いろんな計算をするところ。

  • Intel Core i
    ゲーミング性能がよい。
    Fシリーズ以外は内蔵CPUあり。でもグラボを搭載するときはあまり意味がない。
    最低でもi5。i7が理想ではある。

  • Ryzen
    コスパがよい。
    マルチスレッド(CPU全体の処理性能)がよい。
    動画エンコやレンダリングの処理が有利になるよ。
    ※シングルスレッドは1スレッドあたりの性能。軽い処理のレスポンスが早くなる。
    消費電力、付属クーラーがよい。
    内蔵GPUなし。グラボほぼ必須。ゲーミングならグラボあるから問題なし。

それぞれモデルのスペックは最新を確認せよ。

 

グラフィックボード(GPU

映像をきれいに映し出せるよ。

NVDIA GeForce GTX1070~1660くらいあれば問題なさそう。

 

メモリ

一時的にデータを溜めておくところ

動画編集やインターネットを同時に使いたければ8GB、できれば16GBあれば安心。

 

ストレージ

データを保存しておくところ。

  • HDD
    おなじみさん。中に磁気体が塗られた円盤(プラッタ)が入っててなんやかんややるらしい。
    SSDと比べて1ドライブで保存できるデータ量が大きい。
    構造的に衝撃に弱いのと、消費電力が比較的大きい。
    SSDよりは遅いが、書き込み回数制限がないので長く使える。

  • SSD
    フラッシュメモリを使った記録媒体のようだ。
    読み書きの速度が速い。
    小さく、軽くて、衝撃に強い。
    書き換え寿命があるので、毎日頻繁にデータを書き換える作業には向いてない。
    NVMe対応SSDだと従来のSSDより5倍くらい早い読み書きができる。

電源

標準は500W~600Wくらいで問題なし。

CPUの交換やストレージの増設をする場合は消費電力が上がるのでカスタマイズしたほうがよい。

 

光学ドライブ

CDやDVDを読み書きするアレ。

必要だったらつけよう。

 

今回のまとめ

私のようによくわからないけどとりあえずゲームがしたい。あまりこだわらないならCPUとグラボ、メモリが十分ある未カスタマイズでもよいかなと思います。

実際今回は未カスタマイズで買って特に不便してないので。

次はスリムかミドルタワーくらいで考えてるけど、今のXTちゃんが長く使えるとうれしいなー。